海外赴任で家を貸すならこちら【無料一括査定で高く貸せる】

海外赴任の間だけ家を貸すこともできます

 

マイホームを手に入れたのに突然海外赴任が決まってしまい、今住んでいる家をどうしようかと悩んでいる方はご覧になってください。

 

 

海外赴任に限らず、マイホームを購入した途端に転勤が決まってしまった、という話をよく聞きます。

 

そのときに必ず出てくる悩みといえば、「持ち家をどうするか?」ということです。

 

賃貸に出して貸すべきか、それとも思い切って売りに出してしまうべきか、はたまた空き家にしておくか・・・。

 

 

もしも、あなたの家が新築なら、貸すことをお勧めします。

 

 

売る場合、新築だと売ったとしてもローン残高の方が多く、売るに売れない方がほとんどだと思います。

 

それに、苦労してやっと手に入れたマイホームには愛着があります。

 

金銭的な問題だけでなく、手放したくないという気持ちの問題もあります。

 

 

貸す場合を考えると、新築の方が有利です。

 

新築はきれいなので借り手が付きやすいです。

 

多くの人は、古い物件よりも新しくてきれいな家に住みたいからです。

 

さらに、家賃の設定も築年数が古い物件よりも高めに設定できます。

 

 

貸すにしても「戻ってきたときに再び住むことができるのか」という心配をされる方が多いですが、「定期借家契約」で貸せば、海外赴任中だけ家を貸すということも可能です。

 

海外転勤者専用の不動産管理会社も存在するので、そちらに任せるのもお勧めです。

 

 

海外赴任で持ち家をどうしようかと悩んでいる方は、家を貸すこともぜひ検討してみてください。

 

 

ですが、不動産会社に一軒ずつ問い合わせるのは大変です。

 

忙しくてそんな時間はないでしょう。

 

こちらでは、不動産会社から一括で家賃査定してもらえる便利な比較サイトを紹介しています。

 

申し込みは無料でできます。

 

手間を省くことができるのでお忙しい方は利用してみてください。

 

 

⇒(無料)家賃一括査定サービスはこちらから

 

 

 

 

一戸建てでもマンションでも大丈夫

 

 

貸そうと思っているあなたの持ち家が、一戸建てでもマンションでも大丈夫です。

 

もちろんマンションの方が借り手が付きやすいですが、一戸建ても意外と需要があります。

 

たとえばマンションやアパートでは、小さいお子さんをお持ちの家庭は、近所迷惑にならないように常に気を使っています。

 

一戸建てであれば、マンションほど騒音などで気をつける必要もありません。

 

 

あと、鳴き声を気にしなくて済むのでペットを飼っている方にも需要があります。

 

ペット可のマンションも近年増えてきましたが、その数は十分ではないです。

 

 

借り手の中には一戸建てを借りたいという方も多いのでご心配なく。

 

 

 

 

持ち家を貸して資産として活かす

 

 

最初に新築の家を売るとローンが残ってしまうという話をしましたが、貸せば持ち家を資産として活かすことができます。

 

子供に将来家を残すこともできます。

 

 

とりあえず、海外赴任の間だけ家を貸し、日本に戻るときにあらためて売るか考えるという方法もあります。

 

自分で住むのはもちろん、引き続き誰かに貸すのもいいですし、売りに出すという選択肢もあります。

 

もし賃貸に出しておけば、その間に今よりもローン残高も減って選択肢が増えていることでしょう。

 

家を資産として持ち続けていれば、購入して間もない今よりも余裕が出てきます。

 

 

家を貸すことを検討している方は、優良不動産会社を紹介してくれるサービスがあるので、興味のある方は申し込んでみてください。

 

無料で一括査定してくれます。

 

海外赴任中の一定期間だけ貸すこともできます。

 

 

⇒(無料)家賃一括査定サービスはこちらから